肌に優しい日焼け止めの最新情報をご紹介

日焼け止め以外にできる紫外線対策

 

 

乾燥がひどく、敏感になっているときや炎症を起こしている時は、日焼け止めがぬれない場合があります。

 

 

 

日焼け止め以外の紫外線対策も積極的に取り入れましょう。

UVカット効果がある衣類

 

服や帽子で紫外線対策をするときのポイントは色や素材にあります。

 

 

 

色は白よりも黒が紫外線を通さず、素材はポリエステルが紫外線を通しにくいです。

 

 

 

ユニクロやその他ファストファッションのお店でも、紫外線を90%カットする服がありますので、生活スタイルに合わせて取り入れましょう。

 

 

 

一枚持っていると、夏場はエアコンが効きすぎたお店などの冷え対策にも役立ちます。

 

日焼けするレジャーの前からビタミンCを摂る

 

海水浴や旅行などで日光にあたることがわかっている場合は、2週間くらい前からビタミンCを摂るようにしましょう。紫外線を浴びた後よりも、以前から予防として摂取しておくと、抗酸化力がアップし、皮膚を守る機能がアップします。

 

 

 

ビタミンCはサプリメントを使ってもいいですが、吸収が悪く尿中にでてしまって効果が半減してしまいます。生野菜やフルーツから摂ると体内へ効率よく吸収されます。

 

 

 

ちなみにビタミンCは、赤ピーマン、アセロラ、パセリなどに豊富に含まれていますので積極的に摂りましょう。

 

乾燥肌の人は、日焼け止めを使うと乾燥しやすく、どうやって選べばいいのか悩んでいる人も多いですが、基礎化粧品で保湿すること、日常はケミカルフリーを厚塗りしておくこと、お風呂に入ったときはクレンジングしてしっかり保湿、の3点に気を付けると効果的な紫外線対策をすることができます。

 

 

 

また、生理前なども普段よりシミになりやすいので、1週間前からしっかりと紫外線対策しましょう。