肌に優しい日焼け止めの最新情報をご紹介

日焼け止めの種類、こんなに増えてます

 
日焼け止めは塗るタイプのものだけと思っていませんか?

 

せいぜい違ってクリームタイプかジェルタイプ?いいえ、違うんです。

 

スプレータイプから飲む日焼け止めまで、シーンや体質に合わせて使い分けしてる人が増えてます!

 

レギュラータイプ「塗る日焼け止め」2017年の新商品は?

いちばんみんなに人気、日焼け止めといった塗るタイプです。

 

手軽でいつもバッグの中に入れているという人も多いですね。

 

家族みんなで使えるジェルタイプやクリームタイプが人気です。

家族みんなで使えるニベアウォータージェル

 

値段の安さも肌へのつけごこちも高く評価されているニベアの日焼け止め。

なかでもウオータージェルタイプは肌へすっとなじむから、男性や子どもにも人気です。

140g 698円 (amazon)

 

いい口コミ

・とにかく紫外線に弱いので、年中使ってます。使いやすさ、買いやすさ、効果、どれを取っても日常使いにはこの商品がダントツで一位です

 

・とてもさらっとしていて肌も重苦しさを感じません。塗り直しもしやすく、首周りもべたつかずとても気に入っています。

 

悪い口コミ

・白くならないしすぐに乾くしスーッと塗れるのがいいですね。でも効き目はいまいちなような?

 

絶対焼かない人に!アネッサパーフェクトUVアクアブースター

 

 

毎年進化し続ける資生堂のサンスクリーンです。

庶民派がニベアとしたら、美白いのちの20代に支持されている高級ブランドといった商品です。

60ml 2,800円 (amazon)

 

いい口コミ

・汗に強いことを実感。

布などで、汗を拭わなければ、汗をいくらかいても、1,2時間くらいは効果が持続していると思う。

 

・匂いも無く、付け心地もサラサラで良かったです

 

悪い口コミ

・付けた瞬間からベトベトして気持ち悪かった

 

コーセーサンカット R 日焼け止めジェル

 

コーセーから発売されている顔・からだ兼用サンスクリーン

ジェルタイプでひんやりするのが特徴です。

100g 798円(amazon)

 

いい口コミ

・ジェルというよりも化粧水のようです。つけるとひんやりして夏にぴったりです

 

・伸びの良いクリームです。肌にムラ付きしません

 

悪い口コミ

・使って2日で肌がカサカサになり皮が剥けてきました。
乾燥肌の方は避けた方が良いと思います。

 

髪にもいい?「スプレータイプ」の日焼け止めランキング

 

 

髪や背中など届きにくい場所にもシュッとスプレーできると人気のタイプです。

 

顔に直接噴射することはできませんので(目や鼻の粘膜などに入ると危険)使うときに注意が必要です。

 

また、塗るタイプよりも効果が感じられない人が多いのは、どうしてもつける量が少なくなってしまうからです。

 

中には、髪はスプレー、顔や体はクリームかジェルと使い分けしている人も多いです。

 

コーセーサンカット 日焼け止め 透明スプレー 無香料

 

 

 

2017年にリニューアル、べたつきを抑えて白浮きしないスプレー

90g 779円(amazon)

 

いい口コミ

・長時間直射日光の下にいるとつむじや髪の分け目が焼けますのでこういったスプレータイプの日焼け止めはとても便利です

 

悪い口コミ

・吹き付けるのでフローリングの床とかにかかるとテカリが出てしまうのでお風呂場などでスプレーするほうが良い

 

・なんどもつけましたが、かなり焼けました。日差しが強い日の屋外レジャー向けではなく、都会のちょっとした外出向けのようです

 

アロベビーUV&アウトドアミスト

 

ミストタイプで日焼け止めと虫よけを同時にしてくれる
マイルドなので乳児にも使えます

 

80ml 2,538円(amazon)
いい口コミ
これ1本で日焼け止めと虫除けの効果があるので、かなり助かります。

 

悪い口コミ

使用感は若干重めですが、ナチュラル素材のものはどうしても仕方がないかと思います。
ジンジャーの香りが強めで、私は好きですが、苦手な方もいるかもしれません。

 

ナヴィス リシャンお徳用UVスプレー

 

ノンアルコール、無着色、パラベンフリー。せっけんの香り。
ガス抜きキャップ付き

250g 1,173円

 

いい口コミ
・この大きさだと家族で使い回せるし、簡単には減らないので凄く役に立ってます。

 

・量も有り、石けんのほのかな香りがしてとても良いです。毎朝使用しております。

 

悪い口コミ

・スプレーすると白くなります。広範囲にスプレーされるので服まで白く汚れてしまった。また、腕にスプレーしたあとで上着等に触っても白く汚れます。

 

人気ランキングの日焼け止めは本当に日焼けしないのか

ここまでは2017年のメジャーな日焼け止めランキングをご紹介しました。

 

よくある通販サイトやメーカーサイトのランキングとは違う結果が出ているかもしれませんが、認知度=人気なので、CMをバンバンうっている商品が人気なのは間違いありません。

 

ここにランキングされている日焼け止めを一度はつかったことがあるよ、といった人は多いと思いますが、満足いくつかいごこち、日焼け防止効果があった、といえばちょっと違うのではないでしょうか

 

 ディスるつもりはなく、そもそも日焼け止めの使い方がまちがっているんです

日焼け止めの本当の使い方を知ってる人は半分にも満たないと思います。

 

でも、本当の使い方を知っていても、めんどくさくて正しくつかってないんじゃないでしょうか。

 

ここで正しい日焼け止めの使い方をお知らせします。

 

日焼け止めは、1平方センチあたり2mg塗らないと表記している効果を発揮できません。

 

↑写真に表示しているのは、手のひら全体に塗る分量ではなく、塗っている部分にあった適量なのです。

つまり、あなたが思っているよりもかなり大量に塗らないと効果が出ないのです

 

一般的に、使われている日焼け止めの量は、適量の1/4程度と言われています。

 

適量の1/4の量でどれだけの紫外線防止効果があるのかといえば、表記している効果の1/20程度です。  

 

化粧下地にUVカット成分がはいっていれば大丈夫?

確実性をいうなら、日焼け止めを付けた後にUV機能付きの化粧下地を塗って、UVカット機能のファンデーションを付けると効果はあがります。

 

でも、腕や首元はどうでしょうか。

 

サンダルを履いた時の足や、そもそも日焼け止めを塗ることができない目は?

 

サングラスやショール、アームカバーをフル装備、とだんだん重装備になってくるでしょう。

 

また、日中家にいるときでもガラス越しに日差しは入ってきますし、アスファルトで照り返される紫外線も強力です。

 

油断は大敵、常にたっぷり塗りなおすように心がけましょう。

 

体の中から日焼けを防止するサプリも登場

完璧な日焼け止めを目指すなら、サプリでまかなうのが一番簡単で効果的です。

 

欧米では10年以上の歴史がある、「飲む日焼け止めサプリメント」は大学の研究所と製薬メーカーが共同開発したものです。

 

代表的な成分は「フェーンブロック」や「ニュートロックスサン」と呼ばれている成分で、どちらも植物由来の成分です。

 

飲み続けることで塗る日焼け止めの60%ほどの紫外線をカットすることができます。

 

日本でも2016年くらいから人気が出だし、紫外線が強くなる4月下旬ころから入手が難しくなるサプリメントです。

 

インスタグラムでも大人気の飲む日焼け止め

「インスタグラム」を開いて「飲む日焼けどめ」で見てみるとものすごい数の写真が出てきます。

 

20代ではもう常識になってます。

 

 

 

 

 

 

飲む日焼け止めを使っていたら、塗る日焼け止めは使わなくてもいい?

 

飲む日焼け止めは、効果が現われるまで時間がかかるので(約80日)塗る日焼け止めと並行して使う方がいいです。

 

「なーんだ、それじゃ塗る方だけ使えばいいじゃない」
と思う人もいますよね・・。

 

違うんです!

 

飲む日焼け止めは、日焼けの時に発生する体の中の活性酸素を抑えてくれるので、少しづつでも摂っておく意味があるんです。

 

最初の方でもお話しした、日焼け止めが塗れない頭皮や目などの紫外線防止を考えると、ゼッタイおすすめです。

 

2017年のトレンドは飲む日焼け止め

 

今や20代の女性だけでなく、ゴルフをする40代、50代男性にも人気があります。

 

今後ますます需要が大きくなることが見込まれています。

 

 

飲む日焼け止めの詳しい情報は次のブログがおすすめです。
http://nomuhiyakedome.com/